ふたごちゃん原理主義 Twin

アクセスカウンタ

zoom RSS 月報 2011/02/13

<<   作成日時 : 2011/02/13 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大きいと小さい/星蓮船/記号とおえかき



こないだ遅くに帰宅してTVを点けたらNHKが“無縁社会”をやってて、しかも働き盛りがテーマで、恐くて見られませんでした。



・大きいつづらとちいさいつづら


“つづら”は葛籠って書くらしい。IMEって賢けぇー。


その1:携帯端末


や、機種を変えたってだけのことなんですが。

3年使ったW52Sから、この2011年2月10日にAUが出した新しいスマートフォンに変えました。

前のは最後のいわゆる“ウォークマンケータイ”で、音楽聞きながら走ったりするには良い機体でしたが、防水でガラケー機能も備えたスマホ、という謳い文句についフラフラと。

したらば、図体がでかい。

画像
左:W52S 右:IS04


しかし、厚みは鉛筆ほどしかない。

画像


むしろ、ウォークマンケータイがけっこうでかいスピーカーを内蔵してたせいで厚いのが過剰な装備で、そのムリさも笑えた機種であった。

スマホの操作は1日かかって基本だけ覚えました。Win95を必死こいて覚えたのを思い出す。カスタマイズは荷が重いので、いま毀誉褒貶うずまく風評がしばらくして落ち着いてから。



その2:永遠の女子高生

ケータイは小さいのが取り柄でしょうが、マンガは大きいほうがいいです。

吾妻ひでおさんが1980年代前半に描かれた代表作のひとつ“スクラップ学園”。

秋田書店から出た単行本が3バージョンありまして。

画像


連載当時に出たのが下段の3冊、これがマンガにあるまじき文庫版で、1ページにコマ4段で描くのが基本の吾妻ひでおさんの絵、こまかいところは目を凝らさないと分からない。当時も苦労したのに、不惑を越えて文庫版なんか読めないよ。しかも連載の最後の数回を収録していないという“シッポが無い”状態。

上段は連載完結してすぐに出たイラスト集、B4版。文庫版で収録されなかった分も入ってます。それはそれとして、前の3巻分もそのサイズで出してくれればうれしい。そんな無茶な。

で連載終了後、5年ほど経って、ひっそりB5版で出たのが中段の3冊。連載分を完全収録したマニア必携のバージョン。ところがこれが、ファンである当記事筆者でも捕捉できないくらいひっそり出た。吾妻ひでおさんが長い休筆と失踪に入る直前の発行で、時期も悪かった。

インターネットが普及して、1巻は早い時期に入手したものの、あとは見つからなかった。

その後、吾妻ひでおさんが「失踪日記」で復活し、それに伴って昔の著作がネットオークションでよく出てくるようになり、2巻を確保したが、3巻に至っては全く見かけず、AMAZONにすら発行履歴が無く、実際に刊行されたのかも怪しんだ。

今年に入ってヤフオクに張った網にかかって落札しても、手元に届くまでまだ不安。

こうして全バージョン揃ったことで、やっと自分の青春が完結しました。いやそんなことはありませんが。

マンガは大判がよい。


(追記)
ああ忘れてた、秋田書店から2006年に出たコンビニ版(B6)は持ってます。



・東方星蓮船


年が明けて、3キャラで1装備ずつExtraクリアできました。

だいたいパターンは見えた。

しかしそのパターンどおりに自機が動くかというと、それは別の問題である。

残る3装備でも突破してオールクリアを目指したい。





最後にどろどろの項目ですよ。

・記号とおえかき


産経ニュース、2010年1月5日付より。

小学生狙う性犯罪、大阪は東京の2倍 危ない下校時、自転車30代が要注意 真冬も多発

大阪の不審者である当方にとっては、さらに自らを律しなければと背筋が伸びるような記事でした。

それにしても、なぜ大阪で下校時の小学生が標的にされるのか、まったく要因が無いように思われます。登下校の際は地元のPTAや年配の方が通学路のそこかしこに立っており、けして人の目が届いていないということはありません。

そこで、こんな場末のブログながら、ホンモノのナニである自分が、その手がかりを提示しておきます。

変質者とか偏執狂に共通する傾向として、欲望の対象そのものより、対象を象徴するアイテム、いわゆる“記号”に惹かれます。ホンモノのナニが言うんだから間違いない。

そもそも小学生を性の対象にするのは、現実問題として、物理的に不可能です。いやここは物理的よりも生物的というのが無問題な日本語か。

なのに、“中身”と向き合えないゆえに“記号”に向う歪んだ者たちに向けて、この大阪ったら、なんということでしょう、大多数の小学校で“標準服”を指定しています。

これが標準服だ!
画像
モデルは敬愛する御子神リコさんにお願いしました


紺の吊りスカートとか、赤いランドセルとか、白いブラウスとか、黄色の通学帽とか、こんな記号だらけの服装で全身を包んでたら、誘蛾灯に引き寄せられる羽虫のように、気が付いたら破滅してる文字通り虫ケラどもはあとを絶たないです。

このことは、堂々と役所に提案する、そんなこと、絶対しないですけどね。



なんかもう繁忙期だし風邪ひくしモテないし、もうどうでもよくなってきた。それは昔からか(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なんでか検索とかでお越しの方はトップへ↓
当ブログのトップへ
月報 2011/02/13 ふたごちゃん原理主義 Twin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる