ふたごちゃん原理主義 Twin

アクセスカウンタ

zoom RSS 「倉橋由美子の怪奇掌篇」倉橋由美子著

<<   作成日時 : 2011/07/03 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像タイトルでショートショートを作ってしまおう”シリーズその13



ある夜、倉橋由美子は自分の右手が地球外生命体に侵略される悪夢にうなされた。

そうすると翌日から、それまで何のアイデアも浮かばず筆も進まないスランプに長く悩まされていたのが嘘のように、まるで自分の右手が別の意志を持った生き物であるかのように、次々すらすらと作品が生まれてきた。

これらの作品群は、かつて天才若手女流作家として世に出た倉橋由美子が久々に旺盛な執筆意欲を見せているということで文壇に評判を呼び、書籍として「大人のための残酷童話」「倉橋由美子の怪奇掌編」の二冊にまとめられた。

じゃっかん問題があるとすれば、生まれてくる作品のほとんどがホラーに類するもので肉体感覚が強い傾向を持ち、長さは短編、あるいは文庫本で数ページ程度の掌編と呼べるものばかりであった。たとえば「倉橋由美子の怪奇掌編」に収められた作品を冒頭からいくつかを紹介すると、

 「ヴァンピールの会」 現代日本の吸血鬼もの。
 「革命」 ガンを文字通りの新生物とするネタ。
 「首の飛ぶ女」 首が離れて飛ぶ女。傑作。
 「事故」 ガイコツ状態で生きる少年の話。

といった並びになっている。

そしてその頃から倉橋由美子は、小説家であれば多少は誰でも身に覚えのあることに、作品で描いたネタに沿った犯罪行為に自らが手を染めている悪夢を臨場感ゆたかに見るようになった。いやそれは悪夢というよりも、作品の世界を追体験する意味で作家としての喜びに類するのであった。

ある日は「ヴァンピールの会」ノリで、若い男のノド笛をかき切り血を舐める夢。
ある日は「首の飛ぶ女」ノリで、若い女性の首を切り落とす夢。
ある日は「事故」にちなんで、少年を眠らせたまま薬品に漬けて骨だけにする夢。
ある日は「オーグル国渡航記」に拠って、人肉をむしゃむしゃする夢。

あー書いてて気持ち悪くなってきたけれど、倉橋由美子は自身の理想の夢だからオッケー。

オッケーだと思ってたら、ある日、倉橋由美子の自宅に警官がやってきて、逮捕状が出てるってさ。

なんだか近辺でひんぱんに猟奇的な殺人事件が起きていて、物証や証言によると、ほとんど倉橋由美子による連続犯罪に決まりらしい。

しかし倉橋由美子にとってみれば、たしかに夢では右手に感触が残るほどの体験をしていても、あくまでも夢。じっさいにやったなんて、文字通り、身に覚えがない。

全力で否認する倉橋由美子に対して、担当の検察官は、とりあえず上申書を自分で書くよう指示し、ペンを渡した。

倉橋由美子は、当然に無罪を主張する内容を書こうとした。

倉橋由美子の右手は、右手の掌に握られたペンは、すべての容疑を認めて自白する内容を、すらすらと書き始めた。



<FIN>



(昭和63年発行・平成2年購入、新潮文庫)



参考文献:「寄生獣」(岩明均著)






(プチ週報)

甲子園わず

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
元フルマーです。
龍センセ、超ご無沙汰しております。
掲示板の書き込みに全く気が付きませんですみません。

カオスなサイトを見てもらえばわかるとおり一応生きてます。
アパートの周りが一時間1.2マイクロシーベルト
なので、あとから訳の分からない病気になりはしないか
心配です。

龍センセは東海地震に備えてちゃんと
水と、カップ麺やレトルト食品、電池は
備蓄しておいてくださいね。
あと、紙コップと紙皿、ラジオ、空のペットボトルなども。

ここはネタ的につっこみにくい場所ですが
またゆるりと遊びに来ようと思います。
たまにはようせいさんを愛してあげてくださいね。
こちらは某アリスちゃんで忙しいので(笑
LG−イクサイズ
2011/07/08 22:42
LG−イクサイズさん、コメントありがとうございます。

コメントを投稿して頂いた時はこの記事がまだ書きかけだったもので、何のクレームかとビビりました。書き上げてもクレーム対象になりそうだけどな!敬称略!フィクションです!

F島在住のフェアリーフルマーさん(あ^^)にあらせられましては、大変な時期が続いていることとお察しします。とはいえ、震災から数ヶ月後に更新された貴サイトのイラストが、ポリタン持って給水車へ赴くアリスだったのは、不謹慎ながらけっこうウケました。

当地O阪はですねぇ、地震リスクけっこう高いんですが、海沿いの自治体ですら津波の避難計画を作ってない状況でして、そもそも想定している津波の最大高が3mって、それ今ある防波堤の高さやろ(ツッコミ)。たぶんF島の方々からしたら驚くほど日常が変わってないです。

アドバイスに従って、物資は備蓄、そして心にビー、わたしたち魔法妖精ティンカー&リンカー!・・・なんちゃって
DRAGON龍
2011/07/11 00:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なんでか検索とかでお越しの方はトップへ↓
当ブログのトップへ
「倉橋由美子の怪奇掌篇」倉橋由美子著 ふたごちゃん原理主義 Twin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる